下町の行事と浅草のホテル

浅草のホテルは東京の下町で行事が行われるときに利用する場合には、予約が取りにくい可能性があります。

しかしそれほどに人気があるということであり宿泊することが出来た場合には、この地で行われるイベントを大いに楽しむことができるでしょう。年間を通していくつもの行事や催し物が開催されている、浅草にはホテルもたくさんあります。駅が目の前にあるという立地から、街中を散策しつつ歩いて到着するような立地のところまで色々です。とはいえ、いくつもの鉄道駅があり利用可能な鉄道路線は何本もあるのでそれほどアクセスしにくい立地のところは多くありません。イベントがおこなわれ多くの人出で賑わうときでも、すぐに宿に行くことが出来る場合が多いです。

浅草のホテルからも近い東京で最も古い時代に作られた寺院は、普段からも多くの参拝客で賑わっていますが、特に多くの人が訪れる時期として挙げられるときにはお正月があります。年明けの三が日だけで290万人近くの人が初詣にやってくるのが特徴です。また2月にはこのお寺では節分の豆まきがおこなわれます。テレビ番組やニュースでも紹介されることが多いため見たことがあるという人も多いでしょう。また5月には浅草のホテルからそれほど遠く無い立地にある神社で三社祭りがおこなわれ、毎年150万人もの人出があります。お祭りの時に遠方から泊りがけで訪れたいのであれば、浅草のホテルは早めに予約をしておくことをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *